筋肉痛の時は休むべき?

query_builder 2021/05/13
ブログ
44A77A5D-4909-4C47-BB4F-425A30457152

筋肉痛のときも筋トレを続けるべき?休むべき?
.
筋肉痛の時に思ったことはありませんか?
.
休むか、軽い運動に切り替えるべき
.
筋肉痛は、筋肉が修復しているときに起こる痛みです。その点からすると、筋肉痛が出ているときには、その筋肉に大きな負荷をかけない方がよいでしょう。また、筋肉痛が出ていると「痛みで全力を出せない」「痛みで集中できない」「痛みで関節可動域が狭くなる」などのデメリットがあり、効果的にトレーニングを行えなくなってしまいます。筋肉痛が出ているときは休息するか、軽い運動に留めて筋肉の修復を優先させた方が効率的です。
.
超回復は一般的に、トレーニング後48~72時間(2日~3日)の休息が効果的とされています。休息をとらず、48時間よりも短い間隔でトレーニングを行ってしまうと、筋肉が十分に回復する前に再び筋肉が破壊されてしまうため、筋肉が成長しないうえ、疲労が蓄積してパフォーマンスが向上しません。
.
.
筋トレは部位を分けて行うと効率がいい
.
ちなみに1度のトレーニングで全身を鍛えると、翌日は全身筋肉痛でトレーニングできなくなってしまいます。そのため、トレーニング頻度を増やすためにも、部位を分けてトレーニングすることをオススメします。筋肉痛の出ていない筋肉は鍛えても問題ないのです。しかし、過度なトレーニングはオーバーワークの原因にもなるため、がんばりすぎは禁物です。
.
オーバートレーニング症候群とは、過剰なトレーニングが長時間続くことによって疲労が徐々に蓄積し、回復できなくなった慢性疲労状態のこと。いつも通りパフォーマンスを発揮できなくなるだけでなく、日常生活でもカラダが重く感じたり息切れしたり、食欲低下、手足のしびれ、体重の減少などの「身体的な症状」と、不眠や不安、集中力低下などの「精神的な症状」が現れます。
.
勇気を持って休むことも実は筋トレなんです💪🏾🔥

NEW

  • お客様のトレーニング風景

    query_builder 2022/01/18
  • お客さまトレーニング風景✨

    query_builder 2022/01/17
  • 役に立つビタミン講座"ビタミンk"

    query_builder 2022/01/16
  • お客さまトレーニング風景✨

    query_builder 2022/01/15
  • お客様のトレーニング風景

    query_builder 2022/01/14

CATEGORY

ARCHIVE